MENTAL-CHECKER 製品仕様SPECIFICATION

MENTAL-CHECKER運用条件

①解 析 所 要 時 間

1分間の測定により精神状態の自動判定が可能
(精度は下がりますが30秒でも可能)

②カメラ設置

カメラ本体に振動が発生する場所は避ける

③カメラ接続台数

パソコン1台にカメラ1台

④検知時の出力情報

EXCELで測定結果を出力・印刷可能です!

MENTAL-CHECKER運用条件

カメラ仕様

              
カメラ USB接続のカメラ
センサー CCD又はCMOSセンサー
必要解像度 VGA(600×480)以上
フレームレート 25fps以上(日本はNTSCであるため30FPSが理想)
Exposition 制御 自動・手動
カラーモード カラー、白黒切り替え
フリッカーモード 50Hz・60Hz
接続確認済カメラ Microsof tLifeCam Cinema/ studio、Logicool C920

パソコン推奨スペック

OS条件 Windows7/8.1/10 (DirectX9.0 以上)
CPU Core2Duo 2400以上(Corei7以上)
RAM 4GB以上
HDD 100GB以上
記録機器 DVD-RW
インターフェース USB2.0 2ポート以上
ネットワーク 100BASE-TX以上
その他 他のアプリケーションソフトとの併用不可

MENTAL-CHECKERのメカニズム

映像を解析することで精神を判定する基礎原理

ロシアの研究機関により10万人のデータを収集することで、50のパラメータにより得られる200パターンに及ぶデータの映像から人間の感情を読み取る技術を開発、その映像解析技術をMENTAL-CHECKERに取り入れています。

MENTAL-CHECKER判定でわかる精神状態と病気との関係

精神疾患等を患っている人をMENTAL-CHECKERで判定すると、それぞれ特徴のある結果がでます。
ごく初期の段階で精神疾患の予兆をとらえることにより、精神疾病の進展と重症化を防ぐことが可能です。

MENTAL-CHECKERは特許に裏付けされた唯一無二の技術

MENTAL-CHECKERはロシアとアメリカで特許が認められた信頼のシステムです。

RUSSIA特許

  • DEFENDER-XのRUSSIA特許01
  • DEFENDER-XのRUSSIA特許02
  • DEFENDER-XのRUSSIA特許03
  • DEFENDER-XのRUSSIA特許04

USA特許

  • DEFENDER-X日本 特許出願中
  • DEFENDER-X日本 特許出願中

日本 特許出願中

出願番号:特願2016-6177
整理番号:P16-010
国際特許分類:A61B 5/11
発明者:ミンキーン ビクトール アリベルトヴィチ
特許出願人:ELSYS 株式会社(ロシア)
特許出願人:ELSYS JAPAN 株式会社
代理人:梅澤 崇

Top